A.P.C.

1987年に創立したフランスのアパレルブランド。   創立者はジャン・トゥイトゥ(Jean TOUITOU)。ジャン・トゥイトゥは1951年、チュニジアに生まれる。黒髪パンチパーマで鼻が太く目付きの鋭い、中太りの男性。パリのソルボンヌ大学で言語学や歴史学を学び、卒業後南米を 1年間放浪。1977年に帰国後、パリのケンゾー(KENZO)に入社。アニエス・ベーを経て、1983年、入江末男と共にパリ左岸に「イリエ(IRIE)」をオープン。   1987年、メンズのブランドとして「アーペーセー(A.P.C.)」をパリで発表。発表当初は「服をデザインした人間より服自体の良さを前面に出したい」という考えから、ブランド名は存在しなかったという。ブランド名の由来は、「生産と創造の工房(Atelier de Production et de Creation)」の略。