JAMIN PUECH

デザイナーは生粋のパリジャン、ブノア・ジャマン。 1991年にイエール青年クリエーターヨーロッパで1位を獲得。 毎シーズン60~70型ものオリジナリティー溢れる独創的なコレクションを発表。 全て職人の手作業で作られるバッグは、完成に数日を要するものもある。 バッグという世界に、新鮮な素材やテクニックで表現されるコレクションはまるでアートのようである。 「クリエイションとは継続的に疑問を持ち続けること。 私たちを取り巻くあらゆることからインスパイアされるのだから。 存続するためには常識を打ち破り、恐れを抱くくらい大胆にならなければならない。 常により新鮮な喜びや驚きを提案できるよう変化し続けなければならない。 クリエイションという行為は私的なもの。身を捧げ、裸になり、自分が持っている力以上を発揮できるように、自分自身、そして自分の記憶や気持ちを奥深くまで掘り下げ、インスパイアを汲み取ることを要求されるのだ。」