MAIN BRAND

A.P.C.
A.P.C.

1987年に創立したフランスのアパレルブランド。   創立者はジャン・トゥイトゥ(Jean TOUITOU)。ジャン・トゥイトゥは1951年、チュニジアに生まれる。黒髪パンチパーマで鼻が太く目付きの鋭い、中太りの男性。パリのソルボンヌ大学で言語学や歴史学を学び、卒業後南米を 1年間放浪。1977年に帰国後、パリのケンゾー(KENZO)に入社。アニエス・ベーを経て、1983年、入江末男と共にパリ左岸に「イリエ(IRIE)」をオープン。   1987年、メンズのブランドとして「アーペーセー(A.P.C.)」をパリで発表。発表当初は「服をデザインした人間より服自体の良さを前面に出したい」という考えから、ブランド名は存在しなかったという。ブランド名の由来は、「生産と創造の工房(Atelier de Production et de Creation)」の略。

repetto
repetto

フランスのバレエ洋品ブランド。1947年、フランス・パリにてRose Repetto(ローズ・レペット)により創立。  バレエシューズ型のフラットシューズが代表的アイテムで、世界中で人気を集めている。上質な素材を使用し、職人の手作業による繊細な作りから生まれるフィット感が特徴。  ブリジット・バルドー、セルジュ・ゲンズブール、ジェーン・バーキンなど、フランスの多くのセレブリティに愛用されてきたことでも有名。  つま先の丸いフォルムに小さなリボンが付いた定番モデル「CENDRILLON(サンドリヨン)」が人気モデル。

ebagos
ebagos

毎年、デザイナー自ら素材・生地・インスピレーションを求めて、北欧や東欧に旅します。 決して量産はできない古い織機で織られた深みのある生地、 その土地で必然的に生まれ育まれてきた製法による素材など・・・・・・・ そこで出会えたこだわりのパーツを用い、一つ一つ丁寧に時間をかけハンドワークを駆使し仕上げています。 旅での新たな出会いとスタッフのBagにかける思いが凝縮された、 手作りの温かみを感じさせてくれる"bagたち"です。

dunadix
dunadix

時代性と普遍的価値観を併せ持つ服」がコンセプト。 トラディショナルな独特の風合いを持つオリジナルの素材をベースに、旬のエッセンスと季節の色を使ったデザインで女性らしさを 表現した服作りをしています。

MAJESTIC FILATURES
MAJESTIC FILATURES

1992年にフランスで設立されたブランド。 カットソーをメインに展開。 糸から生地にして製品にするまでを全て自社で行うこだわりのブランド。 専業の強みを発揮して、フランスを代表とするトップメゾンを始めとする名だたるブランド製品の供給にも携わっています。 素材の選択はもちろん、カシミアコットン、カシミアビスコースなどラグジュアリーな素材も使用するのが特徴。 非常に高品質な糸、生地を使用しており触り心地、着心地は最高です。 フランスでは「MAJESTIC」というブランドネームで親しまれています。 日本での展開は「FILATURES DU LION」というネームで展開

MODALU
MODALU

世界中を旅して探し当てた、ブランドの審美眼にかなう厳選素材を使用し、卓越した技術を持つ職人がまるでオートクチュールを仕上げるかのように手をかけて作り上げたプレミアムなバッグ。イギリスのライフスタイルやカルチャーを色やデザインで表現することで、ノーブルかつエレガンスなコレクションに仕上げています。その機能性、適正な価格にも高い定評があります。2014年、デザイナーチームを刷新。よりクリーンで上質な新しいMODALUのトラッドを提案しています。

PELLICO
PELLICO

ハイブランドの靴工場が点在するイタリアのヴェニス郊外フォッソで、1963年に創業したシューズファクトリーブランド。 現在はデザイナーであり、最高責任者のLucaがコレクションを手掛ける。イタリアの最上級素材と高い職人技術によって製造されるシューズは、美しいフォルムと履き心地の良さが魅力。

SERGE THORAVAL
SERGE THORAVAL

1990年、独学でジュエリーを作り始め、「ティエリー・ミュグレー」次いで「クロード・モンタナ」「アニエス・ベー」「ジョセフ・オブ・ロンドン」等のコレクションショーのジュエリーを担当する。 1992年、自分自身のコレクションをスタートさせる。フランスの有名な小説“CYRANO DE BERGERAC”の中の詩や五感(視覚、聴覚、臭覚、味覚、触覚)の文字をジュエリーに刻む。1点1点ハンドメイドの独特の雰囲気を持ち合わせた彼の作品は、イタリア、ドイツをはじめニューヨークやロサンジェルスでも人気を博している。 1997年、フランス版 ELLE誌に4ページに渡り特集記事が掲載される。パリの有名なセレクトショップ“LECLAIREUR”でセルジュ・トラヴァルのコレクションが展開される。ジュエリー作りに取り組むと同時に、金属や木と思いがけない材料で、家具とオブジェの製作も行う。1999年1月、セルジュ・トラヴァルが交通事故により他界。彼のコレクションはパートナーのGENEVIEVE CHEVILLOT (ジュヌヴィエーヴ・シュヴィヨー)が引き継いでいる。 2002年8月、東京に初の路面店オープン。

JAMIN PUECH
JAMIN PUECH

デザイナーは生粋のパリジャン、ブノア・ジャマン。 1991年にイエール青年クリエーターヨーロッパで1位を獲得。 毎シーズン60~70型ものオリジナリティー溢れる独創的なコレクションを発表。 全て職人の手作業で作られるバッグは、完成に数日を要するものもある。 バッグという世界に、新鮮な素材やテクニックで表現されるコレクションはまるでアートのようである。 「クリエイションとは継続的に疑問を持ち続けること。 私たちを取り巻くあらゆることからインスパイアされるのだから。 存続するためには常識を打ち破り、恐れを抱くくらい大胆にならなければならない。 常により新鮮な喜びや驚きを提案できるよう変化し続けなければならない。 クリエイションという行為は私的なもの。身を捧げ、裸になり、自分が持っている力以上を発揮できるように、自分自身、そして自分の記憶や気持ちを奥深くまで掘り下げ、インスパイアを汲み取ることを要求されるのだ。」

HELEN KAMINSKI
HELEN KAMINSKI

シドニーを拠点とするオーストラリアの会社です。25年以上の間、優雅な上品さを表現する革新的なヘッドウェアで国際的評価を得ています。 ラフィアを素材に伝統的な手法を用いてハンドクラフトで仕上げたスタイリッシュで機能的な女性向けヘッドウェアがブランドのシグネチャーです。 春夏商品に多く使われているラフィアはヘレンカミンスキーを代表する中心的な存在。ラフィアを使った手作りの帽子、バッグなどはその品質の高さとオリジナリティが有名です。この自然からの恵みであるラフィアの商品をどうぞ楽しんでください。 秋冬商品では、スタイリッシュであり使いやすい機能を持ったアイテムが中心となります。柔らかなファーフェルトやプラッシュウール、実用的な撥水加工の生地など贅沢な素材を使ったコレクションは時を越えた存在です。 皮を編んだ縫い目のないバッグに代表されるように、ヘレンカミンスキーのバッグは伝統的な手作りの精神を受け継いでいます。

kao pao shu
kao pao shu

シー トベルトや工業用のウェビングテープを使用したハンドメイドのバッグや、イタリアンジャージーなど快適な素材を使用したウェアブランド。 2004年Kao Pao Shuを設立。 全てのデザインと生産はロサンゼルスのサンタモニカにあるアトリエで手作業にておこなわれており、アトリエ内のショップでは顧客が特別な注 文をすることも可能。デザイナー”Naida”のアーティスティックな精神と個性を具現化した唯一無二のもので、正確に選ばれたシートベルトとリボンを組 み合わせて手縫いされています。 ファッションのトレンドに従うよりむしろ、このブランドとしての色とシルエットの傾向を固く守って作られ、毎シーズン常に 革新的なコレクションを提案し続けている。

ilian lobe
ilian lobe

デザイナー小松さおりは織田デザイン専門学校卒業後、大手アパレルメーカーでニットのデザインに携わる。退職後、新ブランドの立ち上げに参加。 2004年 イエリデザインプロダクツ入社。 2005年より自身のブランド、「iliann loeb(イリアンローヴ)」を立ち上げる。 2008年秋冬シーズンよりパリの合同展「TRANOI」でコレクションライン「il by saori komatsu(アイエル バイ サオリコマツ)」をスタート。 イリアンローヴはニットというアイテムの可能性を追求しファッションを楽しむ大人の女性に向けリアルなデイリーウェアをデザイン・発信するブランド。 天然素材をメインに使用し、素材の持つ機能性を損なわずその特徴を生かした着心地、ヴィンテージウェアのディティールや伝統的な編み組織からインスピレーションを得た不変的なデザイン、ホールガーメントという無縫製編み機から作られる立体感のある新しいニットのシルエットが特徴。

faliero sarti
faliero sarti

地位を確ヘッディングラグジュアリーストールの代名詞として世界中のファッショニスタを虜にしている、ファリエロサルティは、1949年イタリアのフィレンツェで創業。イタリアを代表する最高級テキスタイルメーカーとして、 世界のファッションビジネスを支えてきました。そして1992年、創業者ファリエロの孫にあたる モニカ サルティがクリエイティブディレクターとなり、 最高級ストールのコレクションをスタートしました。ファリエロサルティの独特のやわらかな肌触り、 首に巻いた時の立体感、そして卓越した技術から生み出される細やかなディディールを有するコレクションは、ファッショニスタのみならず富裕層の圧倒的な支持を得て、 唯一無二のラグジュアリーストールブランドとしての地位を確立しました。

BARBARA RIHL
BARBARA RIHL

Barbara Rihl(バーバラ・リール)はオーストリアのウィーン出身、アーティスト家系に生まれた彼女は、ニューヨークのデザイン学校を卒業。 JIL SANDER(ジル・サンダー)やKARL LAGERFELD(カール・ラガーフェルド)の下でデザイナーとしてのキャリアを積み、満を持して、2000年に自身のブランドBARBARA RIHL(バーバラ・リール)を立ち上げました。 BARBARA RIHL(バーバラ・リール)のアイテムは、ポップでキュートな存在感のあるものが多く、旅行好きの彼女のライフスタイルが反映された、遊び心が詰まったデザインが特徴です。 斬新なイラストとポップなデザインのバッグは、大人の女性たちから支持されており、世界中で人気となっています。素材へのこだわりも強く、レザーが使用されているバッグやポーチはポップながらも高級感を兼ね揃えており、さらに機能性も充実しています。

kaene
kaene

大人になってからも、忘れてはならない大切な何か・・・。その大切な何かを思い出させてくれるメアリー・レノックスをコンセプトに、その女性の内に秘められた美しさ・可愛らしさの両面を引き出す繊細で心を込めた洋服を展開。 リアルクローズ~オケージョンまで、様々なシーンで活躍するワンピーススタイルを中心に提案している。

DIRECTOIRE
DIRECTOIRE

潔さと遊び心を持った大人の女性に向けて、 「あなたのスタンダードを作りたい」という思いから、 リアルクローズを追求しながらも、 シルエットの美しさや素材の上質さ、 そして巧妙で細かいワザを効かせた、 よりデリケートでよりエモーショナルな服を提案します。 今の空気感を大切にした心地良い空間に並ぶのは、 女性がいつまでも愛し続けたいと思う 上質なベーシックアイテムやミニマルでモダンな エッセンスを効かせた旬なアイテムたち。

trois
trois

さりげないディティールとこだわったシルエットで程よいトレンドを感じさせる”今、着たい"と思える服づくり。 布帛、カットソー、ニットと主に国内の縫製工場中心に丁寧なモノ作りを心掛けたリアルクローズを提案しております。